ドローン関連ニュース

ドローンに関するニュースや最新情報など

  • [Drone Design]Vol.09 ソーラードローンの輝く未来がやってきた
    NASAが開発する「Helios(ヘリオス)」 Credits: NASA Photo ドローン本体の開発技術 […] Read more »
  • アメリカ・Amazonが新たに52の特許を取得 顔認識で本人確認するドローンなど
    米Amazon社は2019年8月19日、新たに52の特許を確保しました。2019年8月に取得した特許の合計は154にのぼり、これは2018年の特許取得件数の月平均200に、わずかに足りないことになります。そのうちいくつかは、Amazonが計画するドローン配送ネットワークに関するものでした。   まず、走行中の貨物列車から発進することができるドローンに関する特許です。配送コンテナを完全自動… Read more »
  • ドローン“試したかった”皇居近くで無許可飛行か
    動画を見る(元記事へ) 男は「飛ばせるか試したかった」と話しています。  東京・武蔵野市に住む契約社員の69歳の男は先月、東京・千代田区の北の丸公園で無許可でドローンを飛行させた航空法違反の疑いで21日に書類送検されました。警視庁などによりますと、大手メーカーが作ったドローンは皇居や国会議事堂など重要な施設の近くでは飛べないようにプログラミングされていますが、男のドローンは大手メーカー以外のもの Read more »
  • 皇居近くの公園でドローン 「禁止区域内で実験したかった」
    先月20日、東京・千代田区の皇居近くにある北の丸公園の上空で、無許可でドローンを飛ばしたとして、東京・武蔵野市に住む契約社員の男性(69)が航空法違反の疑いで書類送検されました。  人口密集地などは航空法に基づき、飛行禁止区域に指定されています。大手メーカーのドローンは飛行禁止区域内を飛べないようにプログラムされていますが、警視庁によりますと、男性は、制限機能のないドローンをインターネットで購入し Read more »
  • DRONE PILOT AGENCY、カシワバラ・コーポレーションと資本業務提携。ドローン×画像分析AIで建物劣化診断
    ドローンパイロットエージェンシー株式会社(以下:DPA)は、株式会社カシワバラ・コーポレーション(以下:カシワ […] Read more »
  • 東京・北の丸公園で無許可ドローン飛行 69歳男性を書類送検
    東京都千代田区の北の丸公園で、許可なくドローン(小型無人機)を飛ばしたとして、麹町署は21日、航空法違反容疑で、武蔵野市に住む男性契約社員(69)を書類送検した。容疑を認めている。  同署によると、北の丸公園周辺は、航空法やドローン規制法で飛行が原則禁止されているエリアで、通行人が110番通報して発覚。市販されている大手メーカーのドローンは、禁止エリア内に侵入できないよう事前にプログラムされている Read more »
  • PRODRONE「PDH-02C」で伊藤寛規選手「FAI/F3C世界選手権2019」個人優勝で世界1位を獲得!チームJapanも団体優勝!
    世界1を勝ち取った伊藤選手と相棒である「PDH-02C」 株式会社プロドローン(以下:PRODRONE)が「P […] Read more »
  • ドローン技術で手ブレ知らず! Osmo Pocketで毎日の思い出を残そう|増税前にコレが買い!
    何気ない日常の一コマや、レジャーに旅行の記録。 スマホで動画を撮影したらブレブレで酔いそうに……なんて経験、ありますよね。 そんな厄介な手ブレと、僕はこれでおさらばしました。 ドローンの技術で手ブレを排除 [caption id="attachment_549684" align="alignnone" width="1184"]DJI「OsmoPocket」44,900円(税込)[/cap Read more »
  • セキド、国立市イメージキャラクター「くにニャン」コラボドローン、ふるさと納税返礼品として提供開始
    株式会社セキドと、東京都国立市のイメージキャラクター「くにニャン」とのコラボデザインのドローンが、国立市のふる […] Read more »
  • EDAC、兵庫県香美町総合防災訓練でドローンと連携したリアルタイム情報配信システム提供
    一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(以下:EDAC)は、兵庫県香美町主催の「 […] Read more »
  • 全ドローンの飛行計画、情報共有サイトに登録義務化
    ドローン(小型無人機)の安全対策をめぐり、国土交通省が飛行を許可した全てのドローンについて、飛行前に日時や場所、高度などの飛行計画を同省が運営する情報共有サイトに登録するよう運航者側に義務付けたことが19日、分かった。全てのドローンの飛行計画が公開されることになり、事故防止のほか、摘発が相次ぐ無許可飛行機体の識別にも活用が期待される。故意に登録しないなど悪質な場合は、飛行許可の取り消し措置を検討す Read more »
  • [小林啓倫のドローン最前線]Vol.31 ドローンの損傷検知もAIで
    専門家の「耳」を手に入れるAI 現在は「第3次AI(人工知能)ブーム」の最中にあると言われ、AI理論の進歩だけ […] Read more »
  • 重さ52gでiPhoneより小さい!ポケットに入れて持ち歩ける世界最小・最軽量のセルフィードローン「AIR PIX」
    Airselfie Incは、世界最小の飛行カメラ「AIR PIX」をクラウドファンディング「CAMPFIRE」にてプロジェクトを開始した。 「AIR PIX」 はリーズナブル価格で提供する、世界最小・超軽量のセルフィードローン。 専用アプリを使った操作により、従来の撮影では難しかった集合写真、自撮りでは不可能なアングルが、誰でも簡単に上空から写真や動画を撮ることができる。 スマートフォン「iPh Read more »
  • ガンバレルーヤがアメリカで「ドローンの旅」ロッククライミングを空中から撮影
    本日8月18日(日)放送の「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)で、ガンバレルーヤが「ドローンの旅 inアメリカ」と題された企画に臨む。「世界の果てまでイッテQ!」のワンシーン。(c)日本テレビすべての画像を見る(全9件) これはガンバレルーヤがドローンのすごさをさまざまな形で伝える企画。まずは顔を認識して自動追尾してくれるドローンの能力を探るべく、谷底へ落ちていくアクティビティに参加する。 Read more »
  • ドローン「Aerones」で行う風力発電タービンや高層ビルの掃除・メンテナンスが画期的
    クリーンエネルギーの代表格である風力発電だが、そのメンテナンスはなかなか大変だ。 そこで活躍するのが、ラトビアのAerones社のドローン「Aerones」。風力発電タービンや高層ビルの掃除やメンテナンスを安全に効率よく、安価に行ってくれる。 ・風力タービンの清掃、コーティング、除氷を行う 風力発電タービンに虫や土、鳥の糞や氷が付くと、ブレートの効率が失われて寿命も短くなってしまう。 現在、ヘリコ Read more »
  • 高速飛行するドローンからノルウェーの大自然を空撮した高画質映像
    険しい岩壁にフィヨルド地形、美しい滝と川。 高速飛行するドローンから、川に沿うように空撮した高画質映像が素晴らしい。 撮影場所はノルウェーのグドヴァンゲン。ノルウェーで最も高い滝の一つ、ケルフォッセンの滝。【オススメ記事】 チェーンソーを雑に扱うべきではないと思い知らされる瞬間 Viking Valley Fall Read more »
  • 米ウォルマートがブロックチェーンを使ってコミュニケーションするドローンの特許を申請
    米ウォルマートは、最近の特許申請において、ブロックチェーンを基盤にしたドローン開発に意欲を示しました。   小売業最大手の一つとして世界中にスーパーマーケットを展開するウォルマートは、2019年1月に「ブロックチェーンを使用したクローン・ドローン」というタイトルで米国特許商標庁に特許を申請しました。特許は2019年8月に公開されました。このブロックチェーンを用いたドローン連携システムと共… Read more »
  • 夏休み企画、親子でドローンを飛ばそう! 小学生プログラミング体験もセットinお台場
    現在、小学生のプログラミング教室は珍しくない。将来を見据え、成長を続けるIT業界において、プログラミング技術は重宝されるからだ。PCやスマホの普及により、プログラミングがより身近になったのも理由のひとつだろう。 この度、プログラミングスクール「FamiPro(ファミプロ)」を運営する株式会社SunQと株式会社ハミングバードが共同で夏休み特別イベント「ドローン丸わかり(操縦からプログラミングまで)  Read more »
  • DJI、折りたたみ対応や被写体を追尾するActiveTrack3.0、ジェスチャーモードを搭載したOsmo Mobile 3を発売
    DJI JAPANは、スマートフォン向けハンディスタビライザー「Osmo Mobile 3」の予約販売を201 […] Read more »
  • ラグビー日本代表 チームソング、GPS、ドローン...7つの秘密兵器携えビクトリー・ロード行く
    ◇ラグビーW杯日本大会9・20開幕 ラグビー日本代表の宮崎合宿の練習最終日に手拍子をしながらチームソングを歌う選手たち  【W杯への鼓動】W杯前哨戦のパシフィックネーションズ杯(PNC)で全勝優勝を果たした日本代表。特に初戦でフィジーに完勝するなど、戦前の予想を上回る結果を残した。背景には2月の合宿開始からチームの強化を手助けした、物心両面の「7つのアイテム」がある。  ♪ビクトリー・ロード Read more »
  • 私有林上空をシェア!ドローン物流「空の道」設計プロジェクトが下関市でスタート
    上空シェアリングサービスを提供するトルビズオン(福岡市中央区)と組合林業の2社は、ドローン物流の実現を目指して、山口県下関市の私有林上空に「空の道」の設計を進めています。 土地上空は土地所有者のもの 空中使用権を取引する「sora:share」は、土地所有者とドローンユーザーをつなぐシェアリングエコノミーサービスです。 出典:株式会社トルビズオンプレスリリース 民法では「土地」とは、上下に及ぶ範囲 Read more »
  • ドローン対戦シューター『Drone Strike Force』8月16日リリース―11日までの週末限定でオープンベータが開催中
    ドローン対戦シューター『Drone Strike Force』8月16日リリース―11日までの週末限定でオープンベータが開催中もっと画像を見るOdisi GamesおよびNGD Studiosは、ドローン対戦シューター『Drone Strike Force』をPC向けにSteamにて現地時間2019年8月16日にリリースすることを発表し、あわせてゲームプレイトレイラーを公開しました。本作は武装した Read more »
  • DJI認定ストア大阪・深空株式会社、Tello EDUをBASIC制御できる「FruitPunch」独占発売
    DJI認定ストア大阪・深空株式会社は、株式会社ナチュラルスタイルとタッグを組み、BASIC言語で教育用ドローン […] Read more »
  • イーエムアイ・ラボ、UAVレーザー測量・各種計測用の新型ドローン「EMI-AR1100」発売
    株式会社イーエムアイ・ラボ(以下:EMI-LAB)は、様々なレーザー計測機を簡単に装着できる新型ドローン「EM […] Read more »
  • DJI、8月13日に新製品発表か?ティザーサイト登場。Osmo新製品?
    DJIサイトで新製品発表のティザーが加わった。8月13日午前9時(アメリカ東部標準時間:日本は22時)に新製品 […] Read more »
  • 「AI・ドローン・自動運転」関連事業者の新設法人調査、「AI」関連は前年比1.5倍増
    「AI・ドローン・自動運転」関連事業を目的にした法人が相次いで設立されている。  2018年(1-12月)に全国で新しく設立された法人 (以下、新設法人)は12万8,610社(前年比2.7%減)だった。このうち、主要事業目的として「AI」を記載した企業は211社(同52.8%増)で、前年比1.5倍増と急増した。「ドローン」を記載した法人は195社(同9.7%減)、「自動運転」を記載した法人は7社( Read more »
  • FAAがドローン操縦者向けアプリをリリース。飛行可能範囲がマップ上でわかりやすく
    アメリカ連邦航空局(FAA)は、ドローン操縦者のためのモバイルアプリ「B4UFLY」を公開しました。このアプリでは、ドローンを飛ばすことのできる空域と、できない空域をチェックしたり、ドローンに関連する有益な情報を得たりすることができます。AppleのApp Store、及びGoogle Play Storeからダウンロードすることができ、価格は無料です。   このアプリは商業用ドローンよ… Read more »
  • VRで体験する水中ドローンの威力 海洋問題も身近に
    【写真】関連情報を含む記事はこちら  夏はいつもより身近に感じる機会が多い海。明るい季節の楽しい休暇を過ごせる場所であると同時に、たくさんの問題を抱える場所でもある。もちろん、われわれ人間がその原因を作っているわけで、夏のすてきな時間を過ごしつつ、別の側面を知るのも一つの義務かもしれない。8月18日~31日まで、箱根園水族館で水中ドローンの映像を使い、VR体験をしながら海洋問題などを知ることができ Read more »
  • こわっ。配送ドローンが子供の近くに墜落して運用停止中
    Photo: Shutterstock 怖すぎる…、便利さよりも恐怖の方が勝つ。空から何かデカイものが落ちてくるとか、想像したことありますか? 普段あんまり考えないですよね。まぁ、工事現場のそばを通ったときに、「鉄筋が落ちてこないといいな…」と思うくらい。日本で暮らしている限り、あんまり頭上を心配することはないと思います。でも、もしドローンを使ったデリバリーが一般的になったら、私たちは頭上を心配 Read more »
  • ドローンによるテロ攻撃で「生物兵器」がバラ撒かれる恐怖
    EUで安全保障同盟担当委員を務めるジュリアン・キングは先日、ドローンを用いたテロ攻撃の危険性を訴えた。生物化学兵器を搭載したドローンで、人口密集地がターゲットとされた場合、甚大な被害が及ぶ可能性がある。ドイツメディアの「ヴェルト」の記事によると、フランスのテロ対策調整室(UCLAT)は極秘レポートを内部で共有しており、生物兵器を搭載したドローンがサッカー競技場を襲うケースを想定したという。ドローン Read more »
  • NEC、旅客ドローン「空飛ぶクルマ」の初浮上試験に成功。「空の移動革命」向け管理基盤構築へ
    ドローンタクシーの話題はなにも海外ばかりではありません。日本電気株式会社ことNECもまた、この8月5日には将来訪れるであろう「空の移動革命」に必要となる交通整理や管制・管理基盤の構築を本格的に開始すると宣言、その手始めとして「空飛ぶクルマ」と称する旅客ドローンのプロトタイプを開発し、浮上実験に成功したと発表しました。全長約3.9m x 幅3.7m x 高さ約1.3mの「空飛ぶクルマ」には、推進装置 Read more »
  • ギズの夏休みドローン教室、はっじまっるよー!
    Photo: 鶴田 浩之(LABOT) そして1回めが終わりました!この夏休み、ギズモードでは「FPVドローンめっちゃ楽しい! これもっと流行って!」という思いのもと、ドローン教室を開催してます。先日、ぶじ第1回が終わったんですが、親子はもちろん「ドローン部つくりたい」という学校の先生が参加されたり、幅広い人にドローンを楽しんでもらえたかな、と思いますよ。教室の様子をお届けしますね。FPVドロー Read more »
  • 2+2構造のスラスター設計で機動力がアップ!4K動画も撮れるYoucan Robotの水中ドローン「BW Space Pro」
    水中ロボットの総合メーカーYoucan Robotics Japanは、最新式水中ドローン「BW Space Pro」シリーズを発売。130度広角4Kレンズを搭載の「4Kモデル」(8月8日発売)、光学3倍、デジタル2倍の最大6倍のズームカメラを搭載した「4Kズームモデル」(10月発売予定)、FHDカメラ搭載のエントリーモデル「FHDモデル」(9月発売予定)の3つのモデルで展開する。 「BW Sp Read more »
  • スイスで児童の近くにドローンが墜落、スイスポストはドローン配送を無期限停止
    2019年5月、スイスの国営郵便事業会社“スイスポスト”のドローンが墜落し、スイスポストはドローン配送サービスの無期限停止を発表しました。   問題のドローンは、未就学の児童が遊んでいた場所からわずか45メートルほど離れた上空で故障し、墜落しました。緊急用パラシュートが搭載されていましたが、パラシュートが開く前にロープが切断され、猛スピードで落下したということです。幸いにも怪我をした人はいませんで… Read more »
  • いま注目のドローンレースとは?レースへの参加方法と上達のコツ
    true
    ドローンの大きな魅力はダイナミックかつ臨場感あふれる「空撮」ですが、もう一つ、忘れてはいけない「ドローンならでは」の大きな魅力があります。それがドローンレースです。ドローンの普及とともに注目度もアップしているドローンレース。今回は「ドローンレースってなに?」という基礎的な部分から、レースへの参加方法、資格の必要性、さらにレース用ドローンの選び方や練習方法まで一挙に解説していきます。ドローンレースに… Read more »
  • 外遊びから空撮まで!用途・機能に合わせた選び方のコツと、おすすめドローンのご紹介
    true
    ドローン人気の高まりとともに、世界中の各ドローンメーカーがさまざまな機能をもったドローンを開発しています。この記事では「ドローンはどれがおすすめなの?」「自分に合ったドローンの選び方は?」など、疑問を持っている方のために、ドローンの基礎知識を交えながら用途に合わせた選び方のコツを解説していきます。 ドローンの種類はいろいろ!用途によっておすすめが違う 一口に「ドローン」と言っても、その種類は実にさ… Read more »
  • セキドが産業向けドローンの無料総合説明会「産業ドローン&関連ソリューション説明会」を全国11カ所で開催
    セキドは2019年2月18日、ドローンや関連製品を業務への導入を検討している法人または官公庁に向けて、産業向け製品の無料総合説明会を、2019年3月4日から26日にかけて全国11カ所で開催すると発表しました。   今回の無料説明会は、産業向けドローンや関連製品の急速な業務利用の増加に伴い、さまざまな製品がリリースされる状況を受けて開催するものです。業務への導入に向けた具体的な情報を提供す… Read more »
  • ドローンによる空港閉鎖が相次ぐ ドバイ国際空港で離陸が30分間停止
    2019年2月15日、無許可のドローンが近隣を飛行しているのが目撃されたとして、ドバイ国際空港が機能の一部を停止しました。午前10時13分から45分までのおよそ30分間離陸が停止され、その間着陸は通常通り行われたということです。   離陸停止解除後、ドバイの国営メディアは公式ツイッターで「30分未満の遅れの後、ドバイ空港は通常の業務に戻りました」と発表しました。また、許可なしにドローンを… Read more »
  • AIを用いたドローン事業を展開する新会社イーエムアイ・ラボが長野県に設立
    イーエムアイ・ラボ(EMI-LAB)は2019年2月16日、同社の設立について発表しました。EMI-LABが設立されたのは2019年1月29日で、長野県のコワーキングスペースに開設されました。ここでは、AIを用いたドローンをはじめとする自律ロボットの開発、販売、教育を展開していきます。   具体的には、農業、測量・土木・建設業などに活用するドローンや無人車両などの開発を行います。今回の創… Read more »
  • 米オクラホマ州政府、新たなドローン規制法案を検討
    Public Radio Tulsaに掲載された記事によると、オクラホマ州政府は農村地帯の個人の敷地上においてドローンが飛行することを禁止する法案を検討しています。   州議会上院議員Casey Murdock氏によると、ドローンの飛行が禁止されるのは400フィート(120メートル)以下の上空で、違反すると最大1年の懲役が課せられるということです。   Murdock氏は次のよ… Read more »
  • ドローンエンタメスポット「スカイファイト」東京お台場がオープン。毎日、オンライン対戦型ドローンレースを開催
    ドローンネットは2019年2月14日、オンライン対戦型ドローンレースが楽しめるエンタメスポット「スカイファイト」東京お台場を2019年2月16日にオープンすると発表しました。また、2月16日と17日にはアクアシティお台場3階アクアアリーナで、オープニングイベントを開催します。   「スカイファイト」とは、子どもから高齢者まで、参加可能なドローンレースです。日本では初めて、全国各地のドロー… Read more »
  • 翼幅38メートルの大型・高高度ドローンでマッピングや自然観測 イギリス
    イギリスの「国土地理院」に相当する機関「Ordnance Survey」が、太陽光エネルギーを使用して飛行し、高高度で衛星マッピングシステムを補助するドローンを打ち上げる計画を発表しました。   「High Altitude Pseudo Satellite(HAPS)」と名付けられたこのプロジェクトの目的は、高度67,000フィートから撮影された高解像度な航空写真を、すばやく提供するこ… Read more »
  • 熊本県南小国町でドローン飛ばし放題できる「南小国ドローン手形」が利用者60名突破を記念し1億円の対人対物保険など新サービス追加
    南小国町観光協会とコマンドディーは2019年2月13日、両者が共同運営する、ドローン飛ばし放題サービス「南小国ドローン手形」が2018年10月10日のオープンから3カ月で利用者が60名を突破したと発表しました。   また、これに伴い、1. 地図上から現地のサンプル動画や写真、周辺の観光情報を閲覧可能2. 対人対物保険が料金変わらず付帯3. 充電のためのモバイル電源の貸し出し、の3つのサー… Read more »
  • 参加条件は脳みそがあることだけ!「脳波ドローンレース」が南フロリダ大学で開催
    アメリカ、南フロリダ大学で2019年2月9日、「2019 USF Brain-Drone Race」が開催されました。世界中から集まった16のチームが、脳波でコントロールするドローンを飛ばしてゴールを目指し、観客を大いに沸かせました。   この大会は、南フロリダ大学でコンピューター・サイエンスを教える助教授のMarvin Andujarと、アラバマ大学の教授Chris Crawfordの… Read more »
  • 中国のスタートアップが重量なんと75gの木製ドローン発売に向けてクラウドファウンディングをスタート
    GIZMODOの2019年2月12日の報道によると、中国のUAVI TECHというスタートアップが同日から木製ドローンである「WOODEN DIY DRONE」についてCampfireでクラウドファウンディングをスタートしました。   WOODEN DIY DRONEは、ドローンとコントローラを自分で組み立てるというスタイルで、重量はなんと75gしかありません。また、組み立て自体も10分… Read more »
  • サーマルカメラ搭載のドローンで地雷探知 ニューヨークの大学生が開発
    1977年に使用が禁止されて以降も、1日約10人が地雷によって命を落としているといわれています。地雷は地中に埋められていて肉眼で確認することができない上に、ロシア製の地雷「バタフライ」など、従来の地雷探知技術では見つけ難いものもあります。そこでニューヨーク州立大学ビンガムトン校の2人の生徒、Jasper BaurとWilliam Frazerは、DJI Phantomなどの赤外線カメラを搭載したド… Read more »
  • ドローンで違法薬物を刑務所に届けようとした男、逮捕され自分が刑務所へ イギリス
    イギリスで、ウォルトン出身の男性がドローンを使用して違法薬物を刑務所に届けようとして逮捕、有罪となり収監されています。29歳のAnthony Cheeneyは、2019年2月頭にリバプールクラウン裁判所で懲役5年の有罪判決を言い渡されました。   2017年8月31日の午後9時頃、リバプール刑務所の付近をドローンが飛行しているのを警察が発見しました。その直後にドローンは衝突し、またすぐに… Read more »
  • 人材サービス大手パーソルの子会社が4月をめどにドローン人材育成支援事業に本格参入
    日本経済新聞の2019年2月6日の報道によると、人材サービス大手パーソルホールディングスの子会社パーソルプロセス&テクノロジーは2019年4月をめどに、ドローンを使った業務効率化の支援事業に本格参入します。   この事業では、企業向けにドローンを操作できる人材育成の支援や高所での点検作業など需要に合わせたドローン活用法の提案を行います。   まずは2019年6月までに… Read more »
  • パラシュートの紐の間をドローンがくぐり抜ける!「GoPro Million Dollar Challenge」受賞動画が必見
    GoPro社が主催する「GoPro Awards」には、アクションカメラGoProを使って捉えた驚異的なシーンが多数応募されます。中でも、FPVドローンを使って、ベースジャンパーのパラシュートの紐の間をくぐり抜けながら撮影したものが話題になっています。   この動画を撮影したのはFPVドローンパイロットのJan Verhaerenで、「GoPro Million Dollar Chall… Read more »
  • DARPA、海底で作業を行う全自動ドローンの開発者を募集
    アメリカ国防高等研究計画局(DARPA)は、オペレーターなしで海底の物体を処理できるドローンの開発者を募集しています。海底で通信ケーブルを繋いだり、ミサイルの破片や残骸を処理したりといった作業が想定されていて、「Angler(釣り人)」と呼ばれるドローンが有用なのではないかと考えています。   DARPAは政府のウェブサイト「Federal Business Opportunities」… Read more »